鍛造で作ったホイールの特徴

市販されているホイールのほとんどは鋳造ホイールなのですが、デザイン性の高い商品が多くなっています。鍛造ホイールとはアルミを高温で溶かして液状にし、それを型に流し込んで成型するものであり、生産に手間がかかるので基本的には高価であるとされています。また、デザインの自由度に制限があるということなのですが、単に価格が高い商品というわけではなく、鋳造に比べて軽量に作ることができるというメリットがあります。ちなみに、最近では合金材料や製造技術が進歩したことにより、コストも少しずつ低くなってきているため、高級車やハイブリッド車などに採用される場合もあります。さらに、複雑なデザインの商品も増えてきており、他にもさまざまな特徴が挙げられます。硬度があるので引っ張り強度には強く、曲げ強度に弱いという側面もありますが、専用の素材で高圧プレスされているので耐久性が高くなっています。また、大径ホイールを履いても乗り心地を確保できるということや、加速性が良くなるということ、ステアリングの切れがスムーズになってブレーキが効きやすくなるといった効果も期待できます。ホイールの丸さにこだわれば直進性がアップしますし、耐腐食性が高いことなどもメリットと言えるでしょう。

Filed under: 未分類 — ふくろう 3:59 PM